所在管理システムの魅力

勤怠管理システムの構築

勤怠は従業員ごとの出勤時刻、退勤時刻が必要になります。

出勤の打刻があればその日は出社しているということになり、退勤の打刻が入ることで勤務時間数を計算することが出来るようになります。しかしこれだけでは勤怠の情報としては不足しています。打刻がない日は出社していないということになりますが、出張しているような時は打刻できないことがあります。また休日で休んでいるのか欠勤なのか、有給休暇なのかその区分を捉えておかなければならないのです。休日であれば給料に影響はありませんが、欠勤や有給であれば給料にも関係してくることになります。

タイムレコーダーで出社の打刻が無いような日はこれら区分が必要になります。基本的に通常の休日以外の休みや出張など自己申告もしくは事前申請という方法になります。その入力をする場合タイムレコーダーだけではできないことが多いのです。勤怠管理システムがあれば休日なのか欠勤や有給、出張といった区分を入力することが出来るようになります。

勤怠管理システムを構築する場合、ネットワークを利用して従業員が自分で申告または申請が出来るようにすると承認制を採用することができます。各個人がタイムレコーダーに打刻をしますが、通常の勤務以外について勤怠管理システムに自分で入力をするという方法です。上司はそれを承認するという機能を持たせて一ヶ月分の締めを行うという方法です。そして勤怠の結果を給与計算に流すということが出来るようになります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *