所在管理システムの魅力

勤怠管理の工数削減に繋がる勤怠管理システムの特徴

勤怠管理にはタイムカードに記録してある情報をチェックする作業と集計を行う作業が含まれています。

タイムカードに記録してある情報は、日付に対する時刻であり、時刻とは入退社時間になります。会社毎に規定が設けられているので、規定を満たしている事のチェックが勤怠管理の基本となります。例えば、9時出社、6時退社の規定が設けられている場合、タイムカードの入退社時刻が9時間に出社している事、6時以降に退社している事で1日の所定労働時間を満たした証明に繋がります。

但し、退社時刻が午後9時になってる場合、会社の規定では午後6時が退社時刻であり、これを超えた場合には残業手当として従業員に支払う義務が会社にはあり、勤怠管理の中でも最も工数が掛かるのが残業時間の集計ならびにチェック作業と言えましょう。

勤怠管理システムは、集計と言う工数をゼロにする事が出来る便利なシステムの総称で、社員数が多い会社ほど勤怠管理システムは役立つ存在になってくれます。従業員のタイムカードをチェックしたり、残業時間を集計する人は、本来自分の仕事を持っている従業員であり、勤怠管理の中でのチェックならびに集計作業は別枠で行われる業務になります。勤怠管理システムを導入すると、従来集計作業を行っていた従業員の工数がなくなるため、自分の仕事に集中が出来ると言うメリットがあります。更に、勤怠管理システムは入退社時刻を電子化しているので、集計ミスなどが生じないと言うメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *