所在管理システムの魅力

最新の勤怠管理システムでコストを大幅削減

自社の勤怠管理システムを見直すことで、勤怠管理にかかるコストを大幅に削減することができます。

そのためには、従来のタイムカードと打刻機による勤怠管理をやめ、かわりにコンピューターや最新の打刻術を活用して構築された勤怠管理システムを導入する必要があります。従来のタイムカードでは、なりすまし打刻ができてしまうという弱点がありましたが、現在では指紋や指静脈を使った打刻ができるようになっています。他にもGPSやICカード、スマホなどで打刻することも可能で、これならなりすまし打刻をほぼ完全に撲滅することができます。

また打刻されたデータは瞬時にコンピューターにより集計されデータとして蓄積されます。人間が集計する従来の方法では入力ミスも発生しますし、人件費も馬鹿になりませんでしが、最新の勤怠管理システムならまず計算ミス・入力ミスはありませんし、人件費もかかりません。しかも集計はリアルタイムですから、月の途中で社員の勤怠状況をチェックすることも可能です。

残業し過ぎて過労死することなどが社会問題になっていますが、それなども勤怠管理が上手くできていないということも少なからず原因としてあるわけですが、自動集計できる勤怠管理システムなら、社員一人一人の残業時間状況なども一目瞭然ですから、残業し過ぎなども防ぎやすくなります。勤怠管理システムの導入費用は高いのではないかと思うかもしれませんが、導入することで節約できるコストの方が圧倒的に上ですから導入して損はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *