所在管理システムの魅力

タイムカードから、進化した勤怠管理システムへ

勤怠管理とは、企業において社員の出退勤や欠勤などの状況を把握してその勤務時間などが守られているかを管理することです。

その勤怠管理を行うシステムとして従来から用いられている物といえばタイムカードのシステムですが、このような勤怠管理システムも時代の流れとともに進化していきます。従来用いられてきたタイムカードは、出勤と退勤時にカードを機械に通すことでその時間を記録するシステムです。しかし、このような方法では口裏を合わせてデータを改ざんすることは容易で、正確な情報を得るためには上司が目を光らせていなければいけません。

また、タイムカードの情報を集計・整理する事務処理の手間も膨大になります。そこで、最近の勤怠管理システムでは、個人の特定に社員証に組み込まれたICカードを用いたり、指紋・静脈認証などを行うなどの方法でより正確に記録します。当然そのデータの集計も自動化され、事務処理の手間も解消されます。また、スマートフォンなどを用いてネットワーク上からアクセスし、欠勤・遅刻や休暇の申請などをオンラインで行うことなども可能です。

勤怠管理システムなどというと、社員がサボっていないか管理するばかりの印象もありますが、過労死や働き過ぎ改革が叫ばれる昨今では、残業時間の管理も重要な要素です。残業時間が法律や社内規約で定められた時間を超えるような場合には、アラートなどで通知するというシステムも導入が進んでいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *