所在管理システムの魅力

高齢者のためのiotデバイス

少子高齢化が進み、サポートが必要な高齢者に対して面倒をみることができる若い人が足りない時代が訪れます。

そんな問題を解決できるのがiotデバイスの可能性です。今までの電子機器は操作をすると言う感覚でしか使えませんでした。これからは生活の一部が置き換わるように自然と利用できるものが増えてきます。例えば電子ポットに通信システムがついたものは、利用するたびに通知が送られて安否の確認を行うことが可能です。使用する高齢者はお茶などを飲むと言ういつもの行動をするだけで、iotデバイスがバックグラウンドで通信を行うものです。これであれば、人手をかけずに生活を見守ることができます。またAIスピーカーも高齢者のためのiotデバイスになる可能性をひめています。人とコミュニケーションをとるのとほとんど変わらない会話ができるほどAIは発展しました。

高齢者が普段の話し相手として利用することで生活をサポートすることができます。ネットショッピングはハードルが高いような気がしますが、会話するだけで注文ができれば家族にお願いするのとほとんど変わらないので簡単に利用することができます。AIスピーカー側から高齢者の状況を確認するような機能が追加されれば、軽度な介護に近いサポートを行うことも可能です。運搬や移動ができるものがiotデバイスとなれば、家の中だけでなく、屋外でもサポートをすることができて、行動範囲を広げることも夢ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *