所在管理システムの魅力

在庫管理システムの強み

在庫管理システムは、在庫を管理するためのシステムです。

そのシステムには販売管理や生産管理、倉庫管理などのシステムが連携することになります。特に受注や生産など、各業務を一元管理できるシステムをERPパッケージと呼んでいます。販売と生産を含めて、これらは基幹システムと称されます。基幹システムは企業の中心的役割を担うものであり、販売や生産、そして会計全般を担います。在庫管理システムは、在庫管理を専門に行うものです。そのシステムには入庫やピッキングなど、倉庫業務も含まれる場合があります。特に倉庫管理に特化したシステムとして、倉庫管理システムがあります。在庫管理システムは受注や入庫の動きに応じて、在庫の状況を管理するのが役割です。現場作業の効率化を図るため、ハンディターミナルなどが用いられます。

製造現場の場合、部品と構成を登録しておけば必要な在庫数が直ぐに算出されます。在庫内容で完成品の数が分かるので、販売戦略やマーケティングの参考にもなるわけです。物流現場であれば、欠損商品が一目で分かるので、欠損のタイムラグを減らせるメリットがあります。欠損品は担当者に連絡が届くと共に、納入業者に直接通知が行くシステムとなります。そのように、在庫管理システムは業務フローに応じて、柔軟に対応できるのがメリットです。資産上の在庫と物流上の在庫の把握も、必要に使い分けられるのも在庫管理システムの強みとなるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *