所在管理システムの魅力

勤怠管理システムの導入は慎重に

従業員の労働衛生管理や給与計算などを便利にするために勤怠管理システムの導入を検討しているところが多いようです。

いろいろなシステムがあるので、迷ってしまいますが、安易に選ばずに慎重になった方が良いでしょう、一度開始してしまうと、変更は容易ではありません。事前に限定した環境で仮運用をすることも重要です。勤怠管理システムを左右する要因として、打刻方法があります。従業員が出退勤を記録するために使われますが、そのために専用の端末が必要になることがあります。生体認証や専用のカードによる本人確認を行うものがほとんどですが、本当にそのような必要があるかを考えた方が良いでしょう。セキュリティーの厳しいところで導入するのはわかりますが、それ以外に場所では過剰になります。

またGPS打刻など場所にいるだけで出勤と認識されるようなシステムもあります。とても便利に思えますが、外出先では使えないことやテレワークに向いていないなどの弊害があります。

必ず出社が義務付けられているような業種でない限り意味がありません。勤怠管理システムは自由度が高い分、選択に困ることがあります。自社で必要なシステムが何があるのかを検討し、最低限何がなければいけないかを明確にしましょう。それが実現できるものから、購入後のバージョンアップがしやすく、法令などの改正に対応しやすいものを選ぶのが賢明と言えます。発展性のないシステムは、使えなくなるリスクがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *