所在管理システムの魅力

広がるiotデバイスの活用

iot技術を構成する要素として、ものやiotゲートウエイ、ネットワークやクラウド上のアプリに区分することができます。

iotデバイスを利用すると各種センサーによって、温度や湿度、位置情報などさまざまなデータを取得することが可能です。データはiotゲートウエイやインターネットを通じて、クラウド上に蓄積することができます。クラウド上のアプリ使用し、蓄積されたデータを分析したりシミュレーションに利用することが可能です。いろいろなデータを連携するシステムをiotシステムと呼んでいて、iotシステムにより実現可能なソリューションがあります。iotデバイスを利用すると、モノの状態や状況を把握することが可能です。

例えば消費される電力やガスといったエネルギーデータを取得したり可視化することによって、製造ラインにおいて何のエネルギーがどのくらい消費したか確認することができます。蓄積されたデータを解析し、エネルギー削減対策にも講じることが可能です。公共交通機関におけるiot活用が進んでいて、バス路線では各車両の位置や交通情報などを分析することによって、後何分でバスが停留所にやって来るかリアルタイムで情報を提供することができます。温度や湿度センサーなどから取得したデータを活用すると、雨が降ってきたらドアを閉めたり、空調を稼働させるなど設定した条件に対応して自動制御することが可能です。農業分野において、ドローンを利用して農薬散布を実施し、水やりの頻度も自動的に調整することができます。iotデバイスの中には音や動きなどを感知するセンサーがあり、録画を開始した後スマホに通知したり、警告音を鳴らすなど条件を設定しておくだけで、異常が発生した場合に把握することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *