所在管理システムの魅力

後から追加できるiotデバイス

iotデバイスが欲しいと思った時に、今使っているものでは対応していないので、買い替えが必要と考える人が多いようです。

でもその中には、後付けで対応できるものもあるので、慌てて新しいものを買う必要はありません。確かに最初から内蔵されているものを買えばいろいろな機能を利用することができますが、気に入っているものを手放すのも残念です。そこで簡単な装置を取り付けて、非対応のものをiotデバイスにできるツールが販売されています。例えば電気を供給するためのコンセントです。コンセント自体がネットに接続できることで、電気の入り切りを制御することが可能です。そのためコンセントに繋いだ電気機器の電源を入れたり、消したりすることができます。ランプをつけたり消したりするのは簡単で、そのほかに扇風機などの電源制御も可能です。家の玄関のドアに後付けで使えるiotデバイスもあります。

このシステムを取り付ければ、外出先から家の鍵を解除したり締めたりすることが可能です。施錠の状態を確認することもできるので、締め忘れを心配するようなことがありません。解錠のお知らせを受け取ることも可能なので、家族の帰宅を知ることもできます。ネットワークカメラもiotデバイスです。設置が簡単で、難しい工事などのは不要です。室内で待っているペットの状況を確認することもできます。リモコンが操作できるシステムもあるので、エアコンを操作して暑がっているペットを労ることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *