所在管理システムの魅力

倉庫の少人数化にiotデバイス

倉庫業では物の移動や在庫管理など、人手を必要とする作業が多くあります。

大量な商品を扱う広い倉庫では、その人数もかなりのものになります。人手不足の中、それだけの作業員を確保するのは大変なことです。そんな時にはiotデバイスを有効活用することで解消できるものもあります。例えば重量センサーをつけたiotデバイスの棚を用意すれば、どこが空いているかを瞬時に検索することが可能です。予め登録しておいた棚の大きさを確認すれば、これから入れる商品が入るかどうかすぐにわかります。収納されている商品の重量が分かれば、どれぐらいの数があるかわかるので、いちいち見に行かなくても在庫確認ができます。

商品をとるたびに、その日時と個数がサーバーに送られて自動で記録されます。担当者はそれがあっているかを確認すればいいので、書類に記載する必要がありません。タグを利用したiotデバイスを使うことで、どこに何があるかまで入力せずに把握することも可能です。棚においた時にタブを検知して、そのものが何かを判別できるので、担当者は置くだけの作業でそれが何かを気にする必要すらなくなります。注文に応じて担当者に保管場所を示し、取りに行かせれば最も効率良い移動で商品を用意することができます。棚を利用しているだけで、勝手に在庫管理まで行うことができるので、間違いやすい事務処理の負担を減らすことが可能です。業務時間を短縮できればそれだけ少ない人数で運用することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *