所在管理システムの魅力

今後活用が期待されるiotデバイス

自宅待機が増えてテレワークする人が増加しています。

今まで会社でしていた作業を自宅で行わなければならないことなって、不便を感じることがあります。そんな状況はiotデバイスを活用することで解消できるかもしれません。例えば貸出機の管理などもそのうちの一つです。社内にある備品を共有する時に、現在誰が使っているのか、返却されたのか、借りる時の手続きなどその場で行っていたことを電子タグを使って管理するだけで遠隔で行うことができます。どこにあるかもインターネットを介して確認できるシステムもあります。iotデバイスを使えば、帰社しないでどこかのロッカーで受け取りなんてことも実現できそうです。勤怠管理もタイムカードなどではなく、社外からできるようなシステムを構築するところが増えています。

iotデバイスを利用してどこにいても出退勤の管理が可能になれば、勤務時間と言う概念自体も変わってきます。集計も簡単にできるので時間の短縮も可能です。ペーパレスになるので、書類の保管場所も不要です。会社に届いた荷物を指定の場所に置いてもらうような運用もiotデバイスを活用すると可能になります。インターホンで配送業者と話をして、遠隔から解錠して指定の場所に置いてもらえば、後からまとめて取りに行くこともできます。このようにできるだけ自宅からできるシステムを作るためには、iotデバイスの活用が欠かせません。これからもいろいろな便利なものが開発されることが期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *