所在管理システムの魅力

GPSよりも頼りになるビーコン!その、秘密に迫る!

GPSは地下などの電波が届かないような場所では、性能上、使うことが不可能です。

現代社会ではGPSは多くの人に親しまられていますが、地下などの場合にはビーコンを使用することで、仕事の効率を各段と上げることが可能でしょう。GPSは人工衛星から発信されている電波を使用しているために、遮るものがあると電波の妨害となって使用することが出来なくなります。しかし、ビーコンなら地下室での作業でも電波の発信機を設置することによって、大量にある荷物の管理をすることが容易く出来ます。

ビーコンから発信されている電波を拾う為には、専用のタグが必要になりますが、このタグは非常に小さいために、荷物一つ一つに張り付けることが可能です。これによって、発信機がタグの場所をスマートフォンなどに知らせることが可能なため、荷物の位置を正確に認識することが出来ます。この技術を使用することで、地下室での荷物の整理が実現します。

また、病院などで地下がある場合には患者様にタグを取り付けることによって、患者様一人ひとりの行動を監視することができ、事故の防止にも繋がります。タグは非常に小さく軽量化に成功しているため、患者様自身の負担にもならないでしょう。このように、運送業界から介護業界までと、幅広い業界で使用できるため、GPS以上に頼りにされている端末と言っても過言ではないでしょう。端末はレンタルが出来るために、万が一の故障時には各企業が対応しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *