所在管理システムの魅力

勤怠管理システムの導入が増えている理由

勤怠管理システムは、従業員の出退勤を管理するシステムです。

かつてはタイムカードを差し込む方式や紙に書き込むスタイルでしたが、昨今はITによるデジタル方式が主流になっています。高度成長期には勤怠管理はあってないようなものでした。残業は当たり前で、定時は形だけ。それくらい企業は社員を酷使していましたし、社員も頑張ることに生きがいを感じていました。しかし、平成末期の2013年に政府が働き方改革の推進を打ち出し、状況は一変。長時間労働は悪、という風潮がじわじわと浸透し始めます。大企業を中心に労働環境改善に注力し始め、特に労務管理を徹底するようなりました。

そこで重宝されたのが、勤怠管理システムです。ICカードやスマートフォン等で対応パネルにタッチするだけで社員の労務記録がクラウド上に保管され、社員の働き過ぎを効率的に管理できるようになりました。不正も難しく、行政のチェックにも耐えうるため、急速に普及したのです。勤怠管理システムは勤怠をチェックするだけのタイプもありますが、多くは他の機能とも連動しています。

経費精算や各種申請、スケジュール・休暇管理など、社員にとって煩雑な業務を簡単な入力作業だけで“代行”してくれるのです。こうしたことは、ムダな労働時間の削減にもつながり、生産性の向上にも貢献します。いまではさらに進化を遂げ、人事評価とも連動するまでその利用領域は拡張。他の機能との連動のさせ方次第では総合的な“社員管理システム”として活用できるほど、その役割は進化しています。今後、リモートワークが新しい働き方として浸透するのに比例して、その利用価値はますます高まっていくことは確実といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *