所在管理システムの魅力

勤怠管理システムのメリットとデメリット

勤怠管理システムとは、企業において社員の始業・終業時間や残業時間、遅刻・早退などを記録し管理するものです。

タイムカードで管理するより効率的に記録できるため社員の負担も軽く、社員証や専用のICカードなどにより詳細にデータを記録できるため給与計算などの事務処理の負担も軽くなります。他にも勤怠管理システムのメリットはあります。ビルの出入り口や各執務室の出入り口に設置したカードリーダー等により各社員の入退室を記録できるため、勤務状況を詳細に把握できて業務の改善に役立てることが出来ます。

労働時間を正確に記録することで、法律で定められた制限時間を超えてしまうような事態を未然に防ぐことも可能です。また、部署による労働負荷のバランスを調整したり、休暇の取得が不足している社員をチェックできたりと労働環境の改善をスムーズに進められます。一方、いくつかのデメリットも存在します。まず、勤怠管理システムは導入時の作業負荷が高いということです。

特に、正社員のほかに派遣や契約、アルバイトやパートといった多様な勤務形態のある企業では全てのパータンに対応したシステムを構築する必要があるため大変です。また、運用開始時には全社員が利用できるように時間をかけてレクチャーする必要もあります。中途採用や臨時雇用が発生するたびに、同様のレクチャーが必要だということも認識しておく必要があります。さらに、システムそのものが生産性をもたないため、導入に際しては取締役等の理解を得るのが比較的困難であることもデメリットの1つといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *