所在管理システムの魅力

勤怠管理システムとタイムカード

勤怠管理システムは、現在では多数の企業が導入しているシステムです。

従来のタイムカードを用いた勤怠管理では、月末や締め日に作業が集中してしまい負荷のバランスが取れない状況になっていました。勤怠管理システムを用いても全て解消する訳ではないですが、かなりの部分、簡易な作業に落ち着きます。社員証を首からさげているサラリーマンを見た事のある人も多いでしょう。おおよそ、あの社員証の中にはICチップが入っていて、会社の入り口でゲートのライター部分にタッチします。

駅の改札の様なものですね。あのデータは勤怠管理システムに直結しており、出社や退社だけでなく途中外出なども管理し、タイムカード代わりになっています。こういった仕組みはハードも組み合わさっているのでシステム開発会社に作ってもらう事もありますが、それだと大変な費用が掛かってしまうので、最近ではリーダ・ライターだけを購入して、簡易にウェブアクセス出来る勤怠管理システムを導入するやり方が流行っています。

これは社内イントラネット内に勤怠管理システムのページを設置し、社内からのみアクセス出来る環境でタイムカードなどの情報を管理出来るものです。有給や直帰などのイレギュラーなものはここから修正申請も出来ますし、当然、管理部としては締め日にタイムカードの処理をプログラム的に補佐された状態で簡易に行う事が出来ます。これらのシステムは幅広く販売されており、多くは月額課金ですが、たくさんの企業で導入されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *