所在管理システムの魅力

勤怠管理クラウドのメリット

勤怠管理とは、従業員などの勤務状況を把握し管理するというものです。一般的には従業員の出勤時間と退勤時間を記録するというもので、これにより従業員の労働時間を把握することができ給与計算を行うさいに残業代の精算に役立てることができます。また有給休暇の消化状態を知るといったことができます。特に労働時間を把握することで法律で定められた労働時間を遵守することができます。

勤怠管理といえば、タイムレーダーを用いて行うのが一般的でしたが、この場合には職場に一度赴く必要がありますし、管理をするさいにも職場で行う必要があります。一方で、近年増えてきているのが勤怠管理クラウドです。勤怠管理クラウドは、勤怠管理をクラウドで行うというものになります。クラウドはインターネット上のサーバーで処理を行うというもので、勤怠管理クラウドは勤怠管理の処理をインターネット上で行うことになります。

クラウドのメリットはサーバーで集中管理されるためローカルでデータを管理するよりもセキュリティ面でも優れていますし、インターネットが接続できる環境であれば利用できるという点があります。またタイムレコーダーもパソコンやタブレットPC、スマートフォンなどで代用することができるので、導入コストが低いといったメリットがあります。一方でデメリットとしては、インターネットに接続している必要があり、接続されていない状態の場合には、別の方法で記録しておく必要があります。勤怠管理システムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *