所在管理システムの魅力

勤怠管理クラウドはコストパフォーマンスがいい

勤怠管理をいままでのタイムレコーダーで行うことは手間がかかります。タイムレコーダーでは打ち間違いもあり正確性に欠きます。この勤怠管理の時間を間違うと給与計算の内容が変わってくるので、無駄な人件費を支払うだけでなく、誤って少額で支払うと労働者の士気にも関わりますので、勤怠管理には注意したいです。では今までの旧式の勤怠管理に替わるものは何かと言いますと、それは勤怠管理クラウドを使用したものがあります。

勤怠管理クラウドの利点は、クラウドなので導入側のシステムの整備にほとんど費用がかからず、クラウド管理の核となる社員のもつスマフォにアプリをインストールするぐらいです。基本的に社員のスマフォから勤怠について自己申告させて、それをクラウドで処理するのでタイムレコーダーの打ち漏れも心配ないので、正確な労働時間の把握ができますし、不正な自己申告は、位置情報の確認によって補正できるので、労働者が適正に働いたかどうかの判断もできます。そして月額の使用料金もたいへん安くなっている場合も多く、月額ひとりの社員あたり100円ぐらいのものもあり、コストパフォーマンスがいいです。このように勤怠管理クラウドは、導入コストもあまりかからず、コストパフォーマンスもよいので導入の検討したほうがいいです。

またこの勤怠管理クラウドを行っている会社には、会計ソフトやタイムレコーダー製造会社から参入しているところもあり、それぞれの業種の強みが活かしているため、そのあたりは比較して導入を考えるといいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *