所在管理システムの魅力

勤怠管理クラウド化のメリットとデメリット

国内におけるクラウドサービスを導入する企業は年々、増加傾向にあるといえます。勤怠管理システムにおいてもクラウドサービス型の製品が多数リリースされております。勤怠管理クラウドにするメリットは、既存のソフトウェアをレンタルするサービスで汎用性な高い機能を備えています。そのため、それぞれの企業の特性に合わす必要がないため、手間がなく、短時間かつ初期費用も必要ないので、低コストで導入することができるという長所があります。

逆に言えば、柔軟なカスタマイズが難しいという短所にもなります。ただし、勤怠管理クラウドは、豊富な機能を備えている製品が多いので一般的な企業であれば機能面で困ることはほぼありません。また、拠点が離れていてもインターネット回線があれば利用可能なため、複数の事業所で就業管理を行っている場合であれば、共通のデーターベース使用できる勤怠管理クラウドの導入がおすすめです。セキュリティ対策などもプロバイダに任せられるというメリットもあります。

ただ、インターネットのトラブルやプロバイダのトラブルがあった場合のリスクはあります。費用は、初期費用+単価×月額使用人数という形をとっているケースが多く、使用した人数分の課金であるため基本的には、無駄がありませんが、大企業など使用人数が多い場合は、パッケージ型よりも高くなってしまう場合もあります。会社の規模や業務に必要な機能があるかなど確認した上で、利便性やコスト面のメリット、デメリットを考えていくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *