所在管理システムの魅力

現場で生じている問題解決に勤怠管理クラウド

勤怠管理は現場によって様々な形で行われてきていますが、その方式によって様々な問題が生じています。それを問題として認識していない場合も多いものの、コスト削減や業務効率の向上といった視点から問題意識を持って勤怠管理を見ると多様な問題が浮上してくる現場が多いのが実情です。出勤簿管理をしている場合にはその打刻にも手間がかかり、月末の集計の際にはデータ入力に多大な労力がかかります。一方、タイムカードを利用している場合には他人にタイムカードを貸して不正な打刻が行われることがしばしば見られるのが実情です。

タイムカードの集計もまた大きな労力となっている現場も多く、そのデータ集計も電子化していないかぎりは人件費がかさんでしまっていることは否めません。こういった形で生じている問題を解決するのに適しているのが勤怠管理クラウドです。勤怠管理クラウドでは同じクラウドシステムに対して個人がIDとパスワード管理されてログインして使用することになります。そのログインを打刻として扱うことによって毎日ログインすることを義務付けるだけで打刻が可能です。

また、ログインのためのIDとパスワードが他人に貸与されない限りは不正を行うことができず、同じシステム上で個人情報が関わる他のシステムも運用することでその可能性もなくすことが可能です。勤怠管理クラウドを用いるとそのシステム上で集計も自動化することができるため、集計の人件費も削減できることから多くの問題を同時解決できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *