所在管理システムの魅力

勤怠管理のリスクは電子化でカバーする

勤怠管理の際に経営者が注意するべき事は、面倒な勤務状況の集計作業を簡略化すると共に、労働基準監督署などからへの業務に関する指摘に対応をするという点です。社員の労働状況などについて労働基準監督署から指摘があった場合には、勤務状況が適正である事を証明するために、勤怠管理のデータを提出する必要があります。これにより、会社として必要なリスクマネジメントを行う事が可能となり、経費削減も同時に可能となるのです。また、勤怠管理において課題となる原因として多いのが、勤怠管理の機器のトラブルです。

長期間使っているうちにサポートの終了により、最新の勤務体系に対応する事ができなくなってしまった場合には、正確な勤務状況を記録する事ができなくなってしまいます。他にも、各種申請を窓口で行っている会社の場合、少ない時間の残業であっても許可を取る必要が生じてしまうのが課題でした。しかし、各種申請を電子化に対応した勤怠を管理するソフトを導入する事によって、モニター画面からの承認が行えるようになったのです。超過勤務が起こってしまった場合には、会社は従業員に対して割り増しで賃金を支払う事が法律により定められていますが、今までの勤怠の管理方式では割り増しに気が付かないというケースがありました。

そこで、勤怠管理ソフトをクラウド製のものに変更する事により、自動で従業員に対して割り増しとなった賃金を支払う事ができる仕組みが生まれたのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *