屋根雨漏り修理費用は保険でまかなおう

自宅の屋根が雨漏りをした時、自分で修理できないほどの状態であれば業者を呼んで修理してもらうことになります。ただしこの時の雨漏りの状態によっては、この修理費用が保険で全額補償してもらえる可能性があることをご存知でしょうか。これは契約者ですら見落としている場合が多いのですが、実は屋根雨漏り修理には保険がきくケースがあります。補修できる屋根の部分は瓦屋根から雨樋まで、雨漏りに関係すると思われるようなあらゆるパーツに幅広く適用されます。

しかも一見無関係そうなカーポートやアンテナの修理まで対象に入るので、無理かなと思っても一応問い合わせて確認してみるべきです。これで屋根雨漏り修理の保険が適応されれば、修繕のための費用が丸々浮くこともありえます。ただしすべてのケースがこれに適応される訳ではありませんので注意が必要です。たとえば百パーセント経年劣化で壊れたと思われる事例では、残念ながら保険がおりることはありません。

とはいうものの、経年劣化のみで壊れるようなケースはそうそうないことです。雨樋のチョーキング現象や屋根にコケやさびが付くような状態は、経年劣化以外の要因も考えられるため適応になる場合がほとんどとなっています。一見して経年劣化かどうかわからないような屋根雨漏り修理でも、あきらめず第三者機関に確認してもらうべきです。それで経年劣化ではないと認められれば、全額自腹で修理という事態を避けられることもありえるでしょう。

岡山の水道のつまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です