天井のシミを見つけたら忘れずに屋根雨漏り修理を

雨が降るたびに雨漏りを直さなくてはと考えるのに、晴れると忘れてしまってなかなか直せないでいる人もいるのではないでしょうか。屋根雨漏り修理はすぐに行わないと、家にダメージを与えることになってしまいます。天井にシミができているだけだと判断するのは大きな間違いで、梁や柱、壁を伝っていたるところが濡れて腐り始めている可能性があります。屋根の重みで、腐ったところから崩れることになっては大変危険です。

さらに湿ってじめじめした環境は、シロアリを呼び寄せてしまいます。シロアリは驚くほどの速さで柱などを食べてしまいますし、増える数もとても多くなり床下や壁の内部などいたるところに移動して、家をボロボロにする可能性があります。カビが生えてしまうと、臭いがしたりアレルギーを引き起こす可能性もあります。黒や緑色など変色した部分にだけカビがいるわけではなく、菌糸は目に見えないことも多くて、天井から胞子を部屋中にばらまいてしまう可能性があります。

安全面や衛生面どちらを考えても、屋根雨漏り修理はスピードが勝負になります。雨漏り個所を確認する作業は雨が降っていないときのほうが行いやすいため、天気を見計らって依頼を行いましょう。ひどい場合には、屋根にブルーシートをかけておき、修理業者を待つ方法もありますが、素人が屋根に上がることはとても危険ですし、命綱やハーネスの準備ができないのであれば、不用意に屋根に上がらず業者にお願いしましょう。屋根雨漏り修理を済ませてしまえば、家の耐久性や健康への影響も心配する必要がなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です