屋根雨漏り修理に掛かる費用

雨漏りは主に屋根から雨水などが染み込み屋内に侵入する状態のことです。雨漏りをすると最悪、屋内での生活が出来なくなりますし、生活が出来ても雨漏りによって天井や壁に染みが現れるケースもありますし、また雨水が入り込むことによって柱や梁など建物にとって重要な部位を腐食させる恐れがあります。このため、大なり小なり雨漏りを見つけた場合にはすみやかに雨漏り修理を行う必要があります。雨漏りは殆どのケースで屋根が原因ですので屋根雨漏り修理が基本です。

天井や壁にまで侵入していなければ屋根雨漏り修理だけで済みますが、染みが発生している場合には内装の修理も行わなければならないため費用は高額になります。屋根雨漏り修理は、まずは飴の侵入場所を探すことから始まります。一見して屋根が破損している場合にはその場所を修理することになります。例えば鉄板が浮き上がっている場合にはその部分を直したり、また新しいものにします。

瓦やスレート葺きの屋根ではその部分だけ交換するといったことも行われます。またコーキング剤などでシーリングするといったことも行われます。この場合には5万円から10万円程度で行うことができますが、手直しする場合には応急修理的なもので、施工の仕方が悪ければまた数年後には雨漏りをするリスクが高いものです。このため、ある程度、屋根が傷んでいる場合には葺き替えるなどの本格的な修繕を行う方が雨漏りのたびに修理をするよりも安心できますが、最低でも100万円程度の費用が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です