給湯器交換の必要があるかどうかの判断

お風呂に入っていて、お湯が熱くならないなと感じることがあれば、給湯器交換を検討してみましょう。まずは現在の給湯器の状況を、客観的に把握する必要があります。給湯器のトラブルは、火災に発展してしまう可能性がありますので、何かが変だなと感じたら、すぐに契約している会社へ電話で連絡しましょう。ガスの給湯器であれば、ガス会社です。

ソーラー式の給湯器であれば、ソーラー機器のメーカーです。給湯器の違和感を報告して、担当者に調査をしてもらう分には、無料で対応してもらえます。給湯器交換の必要があるかどうかは、担当者が判断してくれます。必要と判断された場合は、必要となる根拠を説明してもらえます。

安全第一ですので、しっかりと説明を受けておきましょう。もしも可能であれば、担当者から名刺を戴いておくと、その後の交渉や連絡がスムーズです。給湯器交換が必要になったと判断された場合は、別の日程で、交換機器類の説明や、選択可能な機器類の提示が行われます。どの程度のトラブルならば、電話で報告しても良いのか迷われる場合も少なくないでしょうが、本来お湯が出るべきであるのに、そのお湯が不安定であるということは、立派にトラブルです。

お湯が熱くならない、と伝えれば大丈夫です。修繕可能な範囲であれば、修繕してもらえます。修繕不可能な状況であれば、火災に至らなくて良かったということになります。給湯器交換が必要な故障や不具合の場合、お湯が不安定になり、そのまま放置していると、やがて水しか出なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です