省エネルギー性能の高い機器への給湯器交換

近年、給湯器交換で、省エネルギー性能の高い機器を選択するケースが増えています。そうした省エネルギー性能の高い給湯器は、熱源が、電気の場合でも、ガスの場合でも、選択することができます。熱源が電気の場合には、給湯器交換で、自然冷媒ヒートポンプ式給湯器を選ぶことができます。これは、ヒートポンプによって、空気中の熱を利用して、湯を沸かす仕組みです。

従来の給湯器にくらべて、省エネルギー性能が高い上に、二酸化炭素の排出量も少なく、環境にやさしい製品となっています。熱源がガスの場合には、給湯器交換で、潜熱回収型高効率ガス給湯器を選ぶことができます。これは、従来のガス瞬間給湯器が捨てていた熱を再利用することによって、効率を高めた給湯器です。ガスの使用量を10パーセント以上も削減することができるため、ガス料金の節約にもつながり、大きな人気を呼んでいます。

また最近では、こうした省エネルギー性能の高い給湯器へと交換することで、省エネ住宅ポイントを受け取ることができる制度も行われています。この省エネ住宅ポイントというのは、一定の省エネルギー性能を満たすエコ住宅の新築やエコリフォームを行うことで、さまざまな商品などと交換可能なポイントを受け取ることができるという制度です。給湯器交換も、この省エネ住宅ポイントの対象工事のひとつになっています。そのため、リフォームを行う人の中には、こうした省エネルギー性能が高い給湯器への交換をあわせて行う人が、いま急速に増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です