岡山でトイレの水漏れが起きたら事前チェックする方法

岡山にお住いの方で、トイレの水漏れが起きている場合、良くある事例では勢いよく水が流れるのではなく、少量が便器内へと流れている現象が圧倒的に多い傾向にあります。少量では分かりにくいものですが、トイレの便器の蓋を開けると水面に波が出ている場合や、ロータンクから水流の音を確認することもできます。岡山にはトイレの水漏れ修理を得意にする会社があるので、この範囲であれば重症とは言えない内容なので焦る必要性はありません。修理会社に問い合わせをする際には、事前に自己チェックを行う方法もあり、大体のケースでロータンク内で問題が起きていると推測できるので、まずはタンク上の蓋を開けることが必要です。

蓋は簡単に持ち上げられますが、手洗い用の配管が連結されていることが多いので、反時計回りに配管を回す方法で蓋を完全に開けることができます。タンク内には様々なパーツで構成されてますが、確認をすべき場所は底部に設置されている黒色の大きなパッキンです。パッキンに異物が付いている場合は隙間が出てしまうので、水漏れの原因になる可能性はあります。問題がなければ白色の浮き球を点検する方法があり、タンク内の壁側に干渉していたり、他のパーツと干渉を起こしている場合は正しい位置に戻すことで問題は解決できます。

パッキンも浮き球も原因ではないと判断した場合は、ボールタップが故障している可能性が高まります。ボールタップにには水位の調整を行えるネジが取り付けられているので、水位を低くするだけで直せる可能性は考えられます。調整方法が分からないという方や、原因自体が正しく理解できない場合は岡山で営業をしている水道関連の修理会社に任せることで最終的には完璧に修理を済ませられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です