赤ちゃんを寝かしつけるポイント

赤ちゃんを寝かしつけることは、なかなか大変な仕事です。

赤ちゃんによって寝かしつけるポイントは個人差がありますが、寝かしつけられる方法はいくつかあるため自分の子供に合った方法を行うことをおすすめします。
ひとつ目の方法としては、誰かが隣にいる添い寝です。

キッズのオーバーオールの情報ならこちらを参考にしてください。

温もりを感じることで赤ちゃんは安心します。



頭を撫でたり、眉毛を撫でる、耳たぶを触ったりなど触れ合うことで心地よい眠気が来るようです。気持ちを落ち着けるためには親が子守唄を歌ったり、気に入っているCDを効かせることなども効果的だとされています。


ベッドメリーなどを見ながら心地よい音楽を聴かせればさらに眠気を誘います。

しかし、10ヶ月ほどになり色々なものに興味を示すようになると選ぶ音楽によってはかえって興奮してしまう可能性があるため、クラシックやオルゴールなどのリラックスできる曲を選ぶことをおすすめします。



新生児や生後3〜5ヶ月頃には抱っこして歩く、ということが効果的だとされています。これは輸送反応という本能が備わっているからだとされており、抱っこしたまま歩くことで心拍数が下がり、気持ちがリラックスするためだといわれています。ほかの方法としては、手を温めて足つぼマッサージすることも有効です。
足の裏にある眠くなるつぼを刺激するとともに、足が温まることで寝やすくなります。

そのほか、お話をしたり、寝た振りをしてしまう、赤ちゃんの気に入っている入眠グッズを与えてみることなども効果的だとされています。